喜ぶ男性
  1. EDもこれで解決?カマグラゼリーの知られざる魅力を解明!   >  
  2. EDとカマグラゼリー

EDとカマグラゼリー

バラのハート

カマグラゼリーはEDの治療薬として一般的に利用されていますが、どのような点でEDに効果をもたらしているのか。また、EDのタイプによって効果的な治療法があることも事実なのです。EDとカマグラゼリーの相関性をみてみましょう。

そもそもEDは、英語の「Erectile Dysfunction」の頭文字で、「勃起不全」、もしくは「勃起機能障害」や「勃起障害」と訳され、男性の性機能障害(SD)の一つに数えられています。現代の日本では、男性の約1130万人がEDと言われていますから、けっして珍しい症状ではありません。EDに至る原因は、大別すると2つ。そして、その2つの混合型があると考えられています。

心因的要因(機能性勃起障害)…体など、陰茎の機能そのものには異常は認められず、心理的なものが勃起に影響を及ぼしている場合です。20代、30代、40代と若年層に多く見受けられます。原因としては日常のストレスや経験によるトラウマ、「うつ」による不安などが挙げられます。例えば、多忙を極めていたり、性行為が上手くいかずに女性の態度に傷ついたことがある過去を持っている場合などです。

機器的要因(器質性勃起障害)…陰茎に関わる神経や血管などに異常がある場合で、50代以上に多く見られます。

まずは、自分がどのようなEDの症状なのか、またED治療薬を利用するべきか否かを判断する必要があります。心因的要因の場合、いくら薬を投与しても、精神的に勃起へ繋がらなければ治療薬の意味を成しません。また、ED治療薬は、勃起をアシストするだけのものであって、投与をやめると症状が再発した事例も稀ではありません。自分自身のED症状をしっかり見据え、ED治療薬の必要性や、改善に至るまでのビジョンを見据える必要があるというわけなのです。