喜ぶ男性
  1. EDもこれで解決?カマグラゼリーの知られざる魅力を解明!   >  
  2. 新世代の治療薬

新世代の治療薬

注射とくすり

カマグラゼリーは『ジェネリック医薬品』というくすりに分類され、大きな魅力を備えた新世代の治療薬の一つなのです。ではなぜその様な新世代の治療薬が開発されたのか?我々消費者にどう影響を与えるのか。解明してみましょう。

そもそも医薬品には大きく分けて二種類存在し、それぞれが独自の意味を持って病気などの治療に貢献しているのです。それが、新薬(先発薬)とジェネリック医薬品(後発薬)です。

新薬とは新しく開発された薬を指し、「先発医薬品」とも呼ばれます。発売されるまでには十数年もの長い研究期間と何百億円という膨大な費用がかかります。そのため特許を出願してから20〜25年間は、開発した製薬会社が独占的に製造して販売することができ、その間、有効性や安全性を確認するための調査や再審査も行われる特徴があります。

ジェネリック医薬品とは特許期間終了後、その有効成分は国民共有の財産とみなされ、ほかの製薬会社も、厚生労働省の承認を得れば同じ有効成分の薬を製造し販売することができるようになる医薬品。「後発医薬品」とも呼ばれ、研究開発にかかる期間も新薬に比べ3〜5年と短く、開発費用も格段に安くすむため、新薬と同じ有効成分を含んでいながら、価格を新薬の3〜7割と低く設定できる利点を併せ持っています。

新薬は特許期間中に多くの患者さんに使用され、その効き目と安全性が十分に確認されています。ジェネリック医薬品は新薬と有効性・安全性が同等であることを生物学的同等性試験により確認しています。副作用は新薬、ジェネリック医薬品に関係なく起こる可能性があります。ジェネリック医薬品の中には、新薬と色や形が違うものもあります。色や形、味や香りなどが異なる場合がありますが、効き目に差はありません。